IVSで準優勝しました

By | 2013/12/06

もっと笑かす予定が前のVincleに持っていかれたけど、一部にウケてよかったこけ。

ivsAward_black

日本の京都で行われたInfinity Ventures Summit: そのピッチ大会に出場した12社をご紹介

プレゼン大会「Launch Pad」–IVSの恒例イベントにスタートアップ12社が挑む

オープンソースで実現した廉価版バイオデバイス、鳥人間の「DNA増幅器」

「#IVS LaunchPad」非公式アワード「ihayato.書店大賞」を「NinjaPCR」に進呈!

#IVS のLaunch Padで2位を獲得、鳥人間社のDNA増幅器とは

機関投資家相手にMakerbotの初期モデルでは、100%の優勝は難しいこけね。

過去にKURATASが優勝と聞いて、パッションに甘えた資料になっていたこけ。

時間を割いて添削してくださった運営の皆様には、筋違いで申し訳ないこけ。

でも1000億・1兆の夢を見せてないのに1位と非常に僅差で評価して頂いたのを知って、今回の長所短所が明確になってとても勉強になったこけ。

こういうのぽんぽん作れるのが鳥人間の強みだから、次は鳥の皮一枚残さないこけよ

プレゼン(Slideshare)

入賞者インタビュー

この装置の可能性を知るには、この動画も見ておいたほうがいいこけ。

15歳の少年、膵臓がん発見の画期的方法を開発 たった5分、3セントで検査

二人の若き科学者、バクテリアでプラスチックを分解